HATCHWORK
NEWS
ニュース

<AMP>「次世代シェアサイクルサービス「LUUP」 月極駐車場データベースのハッチ・ワークと連携」という記事で取り上げていただきました

2020/12/28
月極駐車場関連

【メディア情報】


ビジネスメディアのAMPに「次世代シェアサイクルサービス「LUUP」 月極駐車場データベースのハッチ・ワークと連携」という記事で取り上げていただきました。

▼本文抜粋
電動マイクロモビリティのシェアリングサービス「LUUP(ループ)」を展開するLuupは、月極駐車場のDXを推進するハッチ・ワークと、2020年12月28日から業務提携を開始した。Luupは、電動・小型・一人乗りのマイクロモビリティのシェアリング事業を通して、日本に新しい短距離移動インフラを創るという。電動アシスト自転車や電動キックボードのみならず、電動・小型・一人乗りの電動マイクロモビリティを包括的に取り扱い、ファースト・ラストワンマイルの移動手段を確立し、全ての人が自由に移動できる未来を目指しているという。

Luupは現在、どこからでも乗れて好きな場所に返せる次世代シェアサイクルサービス「LUUP」を、渋谷区、目黒区、港区、世田谷区、品川区、新宿区の6エリアの一部で2020年5月25日より展開している。現在、ポート数は200箇所以上に拡大しており、展開エリア内においては最高密度でのポート導入が実現できているとのことだ。
ハッチ・ワークは、2010年から運営する月極駐車場検索ポータルサイト「at PARKING」で全国約22万6千箇所の月極駐車場データを保有している。また、同社は管理会社向けのクラウド月極駐車場管理システム「at PARKING 月極パートナーシステム」も開発・提供しており、これは集客の自動化、オンライン契約システム、電話応対自動化など、あらゆる管理業務をカバーするトータルソリューションとなる。同サービスによって、リアルタイムな「空き」「埋まり」のデータベースが構築されているという。今回の連携により、ハッチ・ワークが運営する「at PAKING 月極パートナーシステム」の月極駐車場データベースをLUUPと連携し、ポート設置の最適地を抽出する。同データを元に、最適な月極駐車場にLUUPのポート設置を実施。月極駐車場は居住地周辺に多いためラストワンマイルのハブに適しており、連携により、人々の移動をより一層スムーズにすると期待されるとのことだ。

本文はこちらでご確認ください。