HATCH! YOUR
ENTRY!!

HATCHWORK 株式会社ハッチワーク

こだわること。
試行錯誤の末にあった
仕事の本質。

TOSHIKI NIIYAMA 新山 斗史希

月極イノベーション事業部
リーシンググループ
アシスタントチーフ

HATCH THE BUSINESS
ロゴイメージ
新山写真

“コミュニティ”がビジネスに。
その価値を見出していきたい。

新山写真

学生時代は、とにかく楽しいことに熱中する日々。人を集めたり人と話すことも元々好きなため、市全体を巻き込んだハロウィンイベントやBBQの運営を行ったこともあり、まさに学生時代を謳歌していました。「楽しく働ける会社が良いな」くらいの気持ちから就活をスタートし、人材系の企業などを中心に見ていましたが、説明会や選考の数を重ねても、どうもしっくりこない。少し視点を変えてプログラミングを学び、手に職をつけるのはどうだろうと、今後成長が見込まれるEコマースなどのIT・ネット系の企業もエントリーしました。しかし、説明会に参加してもやっぱりイマイチピンとこない。理由も分からないまま迷走していた時、ある企業の説明会で“会社は営業力がすべて”と聞いた途端に「あっ、自分はこっちだな」と妙にスッキリしたのを覚えています。

それ以来、人の関わりが不可欠な営業職に絞って探すようになり、そこでたまたま出会ったのがハッチ・ワークでした。当時のインターン生に聞くと「ハッチ・ワークは手を挙げたらどんどん仕事を任せてくれる」とのこと。“自己成長”を軸に仕事を見ていた私にとって、申し分ない社風でした。やればやるだけ成長していける。そんな将来像に惹かれました。

さらに、説明会の中で聞いたコミュニティビジネスという言葉にビビッと衝撃が走り、「面白い!」と思いました。人と人を繋げてきた私にはスッと腑に落ちました。社会のIT化が進むからこそ“コミュニティ”が大事になる。この会社は人との関わり合いを大事にしている。ここで成長していきたいと思い、前のめりに入社を決めました。

新山写真

試行錯誤の末にたどり着いた。
ありがとうがまた欲しいから。

新山写真

最初の配属は現月極イノベーション事業部で、リーシング(問い合わせいただいたお客様から要望を正確に聞き出し最適な駐車場・プランなどを提案する)の担当でした。

「本当にお客様に価値提供ができているだろうか…」毎日のように自問自答していました。お客様が問い合わせに至った背景は、探している駐車場のスペック、想定の予算など一つとして同じものがなく、当初は本当にお客様の要望に応えられているのか自信を持てずにいました。そんな私も、できないところはメンバーや上司に相談しながら、改善点を徹底的に考え抜いてきました。寄り添ってくれるメンバーがいてくれる安心感があるから、自分も他のメンバーの力になりたいという思いが生まれモチベーションにも繋がっていますね。

お客様からいただく問い合わせ件数はありがたいことに日々増えていて、すべてに長い時間を割くことはできません。いかに“速く”かつ“ピンポイント”で提案を行い契約までご案内できるか。その一件ごとにどれだけ寄り添えるかは、担当者の腕の見せ所です。申し込みを頂いた後は、いよいよ契約の手続きへ。お客様に加えて駐車場のオーナー様との調整が必要になります。ここでも担当者の力量が試されますね。より良い物件の提案には、より速い調整業務が不可欠。スムーズに手続きが進められるか、的確な情報共有ができるかどうか。お客様・オーナー様双方と向き合えるかどうか。粘り強く相手の立場になり、どのタイミングで・どんな提案を・どのように行えるか。すべてのアクションをつぶさに改善し続ける。その徹底的なサイクルを回していると、ふとした時に「俺、できることがどんどん増えてるかも」と実感するんです。できる限りを尽くした結果、お客様から「ありがとう」と言葉をかけていただいけた時の喜びはひとしおですよ。

新山写真

Profile
2018年新卒⼊社、月極イノベーション事業部に配属。学生時代からハロウィンイベントを主催し2万人を集めるなど、精力的に活動。1年目からインサイドセールスで活躍。2年目には社内イベントの企画や全社横断のプロジェクトリーダーを務め、強みを発揮する。チェアリング、ボイストレーニングなど意外性のある趣味を嗜好する、澄んだ感性の持ち主。

任されたことを全部やる。
それがすべての基盤になる。

新山写真

リーシングの仕事は日々のアクションと振り返りの連続です。案件ごとの緊急度や期待値をすぐに判断し、臨機応変に対応する。一朝一夕にはできないですが、逆を返すと対応した案件すべてが確実に自分の血肉になるということです。

「誰よりもお客様の立場になって考え抜き、高い価値を発揮する人」を目指し、私自身も試行錯誤を繰り返しています。現状に満足しないで高みを目指せるのは憧れの先輩達がいるから。だからこそ、ここで挫けてたまるか、と甘えたくなる気持ちに鞭を打てる。「いつか必ずその先輩に勝ち部署を支えるくらいの主力になる」それが私の直近の目標です。先輩の行動を見て真似するだけでなく、他分野の知識や知見まで組み合わせてみたり。自分次第で工夫の幅が広がることもこの仕事の魅力の一つですね。誰よりもお客様の立場になるために自問自答しながら知恵を絞ることで自分の地力が高まる感覚、これをぜひ味わってもらいたいですね。

“コミュニティ”に関心のあった私ですが、今はこの仕事ができて良かったと思います。仕事に限らずですが、生きていてすべてが思い通りになることってまずないじゃないですか。だからこそ、興味や関心によらず、目の前のことに最善を尽くして成果を出すことが大事だと学べたのは本当に大きかったです。こんな思いに共感できる方と一緒に最高のリーシングサービスを追い求めていけることを心待ちにしています。

Profile
2018年新卒⼊社、月極イノベーション事業部に配属。学生時代からハロウィンイベントを主催し2万人を集めるなど、精力的に活動。1年目からインサイドセールスで活躍。2年目には社内イベントの企画や全社横断のプロジェクトリーダーを務め、強みを発揮する。チェアリング、ボイストレーニングなど意外性のある趣味を嗜好する、澄んだ感性の持ち主。

エントリーページはこちらから