部門の紹介/管理部

管理という枠に収まらず、
変化し成長していく

管理部 次長
瀬下 修平

管理部とは
執行責任者として常に考えていることは、自ら変化ができ、変化に強い管理部門でありたいということです。
管理部門というと社外で他企業と接点を持つことはなく、ほぼ社内にいて自らの役割を全うするというイメージが強いのではないでしょうか。
もちろんそれも、会社を守る立場の管理部としては役割を果たしていると思います。
ただ、私が考える理想の管理部門は、社内で議論するだけではなく、社外にも出て他の企業と商談し交流を深め、自ら情報をとりにいけるチームです。
社外で得た情報を社内に持ち帰り、それらを基に会社独自の制度を新たに作り出したり、全従業員が生産性を高められる施策をうつ部門であるべきだと思っています。
経験から変化した考え方
そう思ったきっかけは、まだ管理部門に配属されたばかりの頃の経験にあります。
管理部門に配属され、経理・財務の職種を一から学ぶことになりました。
一通りの手法を覚えた頃、役員への報告に必要な集計や資料作りに奔走していました。当時は社外とのコミュニケーションもなく、教えられたことをどれだけ早く進められるかという部分のみを追求していました。
報告資料を作るために始発から終電まで仕事をし、ようやく完成したことを今でも記憶しています。
そんな時、疲労の蓄積からか大きく体調を崩してしまいました。今の仕事の手法では事務スキルをどんなにあげても微々たる改善しかできないことは分かりきっていたので、このままでは仕事が続けられないのではないかという思いがわきました。
ただ、仕事には面白みとやりがいを感じていたので、どのような決断をすれば良いのか非常に悩みました。
そんな時、経営者交流会に弊社の取締役の代わりに参加する機会がありました。
それまでは外部の交流会や社外の人と接することはほぼなく社内の中だけの視点で物事を考え行動していましたが、その交流会で知り合った経営者との出会いが、私の考えを180度変えてくれました。
交流会の中で何気なく私の今の課題を伝えたところ、当時の自分では考えもつかない全く別の視点からアドバイスを頂き、抱えている課題を簡単に解決できそうなサービスを提供している会社も紹介してくれました。
そのおかげで仕事の手法を改善したり新たなサービスを導入するようになり、今まで終日掛かっていた仕事がものの見事に無くなりました。
管理部門こそ営業であれ
その経験をきっかけに、管理部として社内の問題を見つけることや社内環境を改善することはもちろん、その課題を解決するための情報や人脈を得るため機会があれば会社を出て情報を掴んだり学んだりするようになりました。
そしてその行為を続けることで管理部門としての課題に対して、小手先の解決策ではなく根本的な解決策が打てるようにもなりました。
また、時間や気持ちに余裕が出てきた事から自身の体調面も良好な方向に回復しました。
上記のような繋がりから企業同士の繋がりにも発展し、会社の売り上げに寄与することも多くなりました。
この経験から、私は管理部門こそ外部に出て情報を取りにいく、ある意味営業的な要素を持った部門だと考えるようになり、今の管理部門のメンバーには極力外に出るように促したり、面白そうなイベントを進めたりして視野を広げてもらうことを心がけています。
今後の展開について
ペーパレス化・RPAやAIなどによる業務改革が進められ、数字や指標などコンピュータが得意な部分と人間が得意な部分が明確になっていく状況で、管理部門でもIT導入を見据えた新しい働き方を考えなければならない時代になってきています。
例えばコンピュータがはじき出した数値を元に、そこから更に人間しかできない検証を行ったり、自動化・効率化で短縮された時間はコンピュータにはできない管理部門の業務に充て注力していくことになると思います。

従業員も増え、時代が変化していく中で変化を嫌う管理部ではなく自らが変化していく管理部の仲間として、ご興味ある方は一緒に会社を作っていきましょう!